The Echigo Hillside Park Fragrance Rose Garden
Top
☆彡  ☆彡   ☆彡     今後の活動予定       ☆彡 ☆彡  ☆彡   ☆彡    ☆彡
<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
かぐや姫
 かぐや姫といえば何を思い浮かべますか・・・竹取物語のかぐや姫より、フォークのかぐや姫。
 学生時代、友人の買った南こうせつとかぐや姫のLPアルバム「はじめまして」をオープンリールのデッキに録音して、毎晩BGMで聞いていました。

 これは、色彩のエリアにある「かぐや姫(HT)」です。黄色のバラでは少ない、高芯剣弁咲きの濃い黄色です。京成バラ園芸で作出されていますが、当然竹取物語のかぐや姫のイメージでしょう。
d0007820_21552621.jpg


 秋のばらまつりも今週末の連休で終わります。でもまだまだ、中旬くらいまでは楽しめそうな気がしますが、天候次第ですね。
 これから、冬に向けて、剪定作業が忙しくなります。ボランティアの皆様、作業日はできるだけ参加できますようよろしくお願いします。
 その合間を縫って自宅のばらの世話もしなければならないので、これから白い季節になるまで週末はもうてんてこ舞いの日々が続きます。
[PR]
by bzm42421 | 2006-10-31 22:13 | 秋のばらまつり | Comments(2)
ボランティア研修旅行 ~その2~
 25日の二日目は、爽やかな秋晴れの快晴の中、「花フェスタ記念公園」を訪れました。面積80ha、総工費300億円、7,000種6万1千株のばらが植栽されています。
 到着後、管理されている財団の理事長さんから公園の概要説明を受けました。公園の管理は指定管理者制度に移行したんですが、ばらの管理だけは任せられないと言うことで財団で行っており、約50人で管理されているそうです。年間の管理費は6~7億円とのこと。ボランティアにはばらの管理をさせていないそうです。
 その後、ばら園の説明について、越後丘陵公園にもお出でになったことのある、県立岐阜国際園芸アカデミー講師 岐阜ばら会副会長の西田照子先生からパワーポイントでプレゼンを受け、園内を案内してもらいました。
d0007820_2261688.jpg

 園内は大きく分けて、バラのテーマガーデンと世界のバラ園で構成されており、印象は、とにかく広い。時間内に歩き回るのが精一杯でゆっくり鑑賞している余裕もないくらい。4時間滞在しましたが、行けなかった場所もたくさんあります。7,000種ですから、聞いたこともない品種名のばらがたくさんありました。
 そんなことで、帰ってきて撮った写真を見たら、ほとんどバラの花の写真は無く、風景的なものばかりでした。
d0007820_2294199.jpgd0007820_2295812.jpg
d0007820_22102056.jpgd0007820_22104313.jpg
 これだけ広いところに、これだけの本数のバラがあれば、管理なんてとてもしきれません。花びら1枚、葉っぱ一枚でも落ちていれば拾っている越後丘陵公園との管理レベルの差を感じました。
 オールドローズもたくさんあり、是非とも6月にもう一度訪れてみたいです。有志を募ってまた一泊二日で行きませんか!

    唯一の花のアップ。ビンゴメイディランド(修景)の大株でした。
d0007820_22253448.jpg

 さて、ボランティアの皆様、「秋のばらまつり」後半戦頑張りましょう!
 公園のばらはどうなっているか気になります。
[PR]
by bzm42421 | 2006-10-27 22:33 | Comments(6)
ボランティア研修旅行 ~その1~
 ばら・フラワーボランティア一泊二日の研修旅行。1日目(10/24)は、国営木曽三川公園 138タワーパーク。到着すると、加藤さんが半袖姿の相変わらず元気な笑顔で私たちを迎えてくれました。
 木曽川沿いに広がる公園で、駐車場料金無料、入園料も無料。シンボルタワーのツインアーチ138のみ有料ですが、地上100mの展望階からの雄大な眺めと、見下ろす公園のデザインは素晴らしいものです。
d0007820_2222850.jpgd0007820_2224530.jpg

 木曽川の流れを表現したローズストリームには、9品種約4,000株の修景ばらが栽培され、赤い「ラセビリアーナ」とクリームイエローの「ゴールデンボーダー」が満開でした。加藤さん含めて二人の技術職員で管理され、ボランティアはいないと言うことで、ご苦労が伺えます。赴任当時の試行錯誤のばらの管理の苦労話など、公園管理のお話しを聞かせていただきました。中でも地上100mの展望階まで、朝顔のつるを絡ませたお話を聞き、その発想と挑戦に感動しました。
d0007820_22351726.jpg


d0007820_22452286.jpg 夜は、岐阜県立国際園芸アカデミーの上田善弘先生から「ばら文化を考える」と題して、ばらの歴史から青ばらの研究の現状、現在の教育問題と園芸の関わり、先生の生い立ち等たくさんの話題についてご講演をいただき、その後先生を囲んで夜遅く(というか早朝?)まで懇親を深めました。
[PR]
by bzm42421 | 2006-10-26 22:58 | Comments(2)
9日から22日まで47,221人
 秋のばらまつり2日目の9日から22日(日)までの入園者数が47,221人になりました。今週は雨模様ですが、週末が晴れてくれれば6万人突破は間違いないと思います。
 ばらまつり期間中のお天気を祈るばかりです。

 日曜日にガイドをしていて皆さんが感動されていたのは、この「ダブルディライト(HT)」。花の中心部に吸い込まれそうな鮮やかな色彩と爽やかなフルーティーの香り!
 この秋我が家の庭にも1本仲間入りする予定です。
 
d0007820_2157367.jpg

 今日のお昼に、国土交通大臣政務官の新潟県選出衆議院議員 吉田六左エ門、国土交通省北陸地方整備局長 須野原 豊、国土交通省都市地域整備局公園緑地課長 小川陽一の3氏が越後丘陵公園のばら園を視察され、ボランティア代表としまして私とコンフィーさんとお会いしてきました。
 で、ばらガイドしたかって?・・・していません。
 もちろん新潟ばら会の石川会長さんがしっかりガイドをなさっていました。
 写真ではUPできませんが、ばら園で二人で緊張しながら、吉田政務官からお礼と励ましのお言葉を頂戴して参りました(¨;)(汗)

 ついでに、ダブルディライトの親のガーデンパーティー(HT)も素晴らしく咲いていましたのでUPします。この親は「ピース(HT)」なんですねぇ。
d0007820_22254952.jpg

 バラ・ナイトさんがFM新潟のパーソナリティーの中村ちひろさんにお願いして、越後丘陵公園のばら園をPRしていただくことになりました。11月5日の宗恵さんのお呈茶会のことも。
 早速、中村ちひろさんの日記に掲載していただきました。
d0007820_22363274.jpg

 明日から、ボランティアの研修旅行。ちょっとお天気が心配ですが、25日の花フェスタ記念公園は晴れそうです。加藤さんと酒を飲めることも楽しみに行ってきま~す。
[PR]
by bzm42421 | 2006-10-23 22:46 | 秋のばらまつり | Comments(3)
この素晴らしい秋ばらを是非見てほしい
 朝、ばら園に入った瞬間、色とりどりに広がる満開のばらに感動しました。
 先週も感動しましたが、更に花数が増えてCLとORを除いて春と遜色のない風景が広がっています。皆さんこの時期をどうぞ見逃さないように、1年間のフィナーレをお楽しみ下さい。
d0007820_19303181.jpg

 世界ばら会議大阪大会で殿堂入りした「エリナ(HT)」も春に比べたらすごくたくさんの花をつけています。
d0007820_1937387.jpg

 砂ママさんが木曜日に感動して見とれた・・・という「香久山(HT)」。昨日の雨で少々傷みましたが、悠々たる高芯剣弁咲きでいい香りを漂わせています。この親も「ダブルディライト(HT)」と同じ「ガーデンパーティー(HT)」なんですね。
d0007820_19432580.jpg

 「マリアカラス(HT)」は、濃いローズ色一色かと思っていましたが、開きかけの花弁が微妙に外から内にかけて濃淡がついていました。
d0007820_1954346.jpg

 越後丘陵公園のHPによると、9日~15日の入園者数が33,151人でした。明日の日曜日も晴れの予報です。期間中、週末のお天気が続けば春の6万人の記録を突破することは間違いないと思います。
 新潟市からお見えのお客さんが、「テレビのニュースを見て来ましたが、近くにこんな素晴らしいばら園があるなんて今まで知らなかった。」とおっしゃっていました。口コミでどんどん広がってほしいものです。
 コスモスもまだまだ満開状態!明日も大勢のお客さんで賑わうことと思います。
d0007820_20124187.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2006-10-21 20:14 | 秋のばらまつり | Comments(2)
秋のばらまつり
 今日は、春のばらまつり2週目の入園無料日。管理センターのお話しによると、1万5千人に達しそうな勢いで今までのうち最高の人出とか・・・。駐車場に向かう車の長い渋滞ができていました。
 ばらもちょうど咲きそろって見頃を迎え、それに加えコスモスも今が満開の最高潮。
d0007820_22113162.jpg

d0007820_22121855.jpg

 コスモスまつりは10月9日までだったんですが、開花が遅れ、ちょうどばらの時期と重なって、一度に両方楽しめてしまうことになりました。銀河の丘にある黄色いコスモスは、こらからが見頃と合って、来週はさらに公園全体が花で覆われそうです。
d0007820_22194660.jpg

 ばら園は、分散剪定の一発目が咲き揃い、大変いい香りに満たされています。次の蕾もたくさん上がってきていて、しばらくはこの素晴らしい開花状態を鑑賞できると思います。
 今日もたくさんのボランティアの皆さんが作業に来て、花殻摘みやガイドで頑張っていただきました。
d0007820_2231436.jpg

d0007820_22333280.jpg



 分散剪定の結果、一つの株が満開状態の枝と蕾状態の枝に別れています。来年はどの程度の差が出てくるのかわかるように、数本を選んで枝に剪定日を書いたタグを付けてみたいです。
d0007820_22564789.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2006-10-15 23:04 | 秋のばらまつり | Comments(3)
お客さんとのコミュニケーションも大切に
 d0007820_20465319.jpg 連休最終日の今日は、昨日の嵐が去って朝から穏やかな秋晴れ。10時過ぎに公園に到着した時は、もう既に正面西側の駐車場が埋まりそうな勢い。ばら園内も大勢のお客さんでにぎわっていました。ばらナイトさんは、早々到着して今日はガイドモードに切り替え!
 やはり今日はこの3連休に公園に行こうと思っていたお客さんが一気に押し寄せていただいたようです。お昼近くは、チケット売り場には行列ができて、駐車場も管理センター横の駐車場まで埋まっていたようです。土日の分は取り戻せないにしても相当の来場者数を記録したと思います。
 今日は、たくさんのお客さんとコミュニケーションができました。
 「おはようございます!」から始まる会話。「他のばら園も行ってみたけど、ここのばら園は管理が行き届いていてすばらしい!」「これだけのたくさんのばらを管理されていて大変ですね。」「毎年、ばらまつりにはいつも来ているんです。」「来週もまた来てみようかな!」「ばらが好きでしょっちゅう来ています。」「きれいなばらの花を見せていただいてありがとうございます。」「作業ご苦労様です。」・・・このばらまつりに素晴らしい花を咲かせるために、寒冷の積雪の中、35℃を超える猛暑の中、雨の中、頑張ってきたんです。その苦労がこの励ましの言葉で吹っ飛びます。よしまた来年の春に向けて頑張ろう!
 
 昨日までの嵐にもめげず今日きれいに開花してくれていたばら、マイダスタッチ(HT)。鮮やかな黄色です。
d0007820_21282316.jpg

 モニカ(HT)も私が好きな鮮やかなオレンジ色で裏弁が少し黄色味がかって、一際輝いていました。
d0007820_21352335.jpg

 ダマスクモダンの香りを漂わせ豪華さを出していたイブピアッチェ(HT)。
d0007820_21411247.jpg



 来週15日は、入園無料日です。天気が良ければ、おそらくすごい人出が予想されます。きれいなばら園をご覧いただけますように入念に手入れをしましょう。
d0007820_227575.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2006-10-09 22:18 | 秋のばらまつり | Comments(8)
悪天候でひっそりしたばら園でしたが芋煮会で盛り上がりました
 昨日から始まった「秋のばらまつり」。分散剪定のおかげで、全体的にムラ無くポツポツ咲き出してきましたが、大荒れのお天気のおかげで花びらがだいぶダメージを受けました。今日も一日中、雨と強風の嵐が周期的に吹きまくって、茎が折れたり、花びらが透けてきたり・・・最悪でした。満開のコスモスとばらと両方を楽しめる時なんですが残念です。でも本番はこれからです。明日からの一週間予報は全て晴れマーク!入園料無料の15日は絶対に晴れてくれぇ~と祈っています。

 悪天候のお陰で今日のメインイベントは作業終了後の芋煮会。材料は各自持ち寄りで、里芋の他牛肉、こんにゃく、ゴボウ、ネギ、大根、シメジ、舞茸、あまんだれ・・・と具だくさんでした。帰ってコメントを見たわかったんですが、あまんだれは、ばらナイトさんが昨日の雨の中、採ってきていただいたものだったんですねぇ。調理人の腕も良かったことから、すごくおいしい芋煮をいただくことができました。すばらしい企画ありがとうございました。
d0007820_22552258.jpg

 それと今日は、宗恵さん他美女3人が11月5日の「お呈茶会」の下見で訪れていただき、芋煮会にもご参加いただきました。またまた期待していたのですが・・・京菓子とお抹茶を点てていただき、大変ごちそうさまでした。今日いただいたお菓子は、宗恵さんが京都から買ってきていただいたもので、写真の他にも様々な種類がありました。
11月5日のお呈茶会は、殿堂入りしたばらのエリアでばらの花に囲まれて行います。皆様ご期待下さい。
d0007820_2373216.jpg

 今年は、白鳥(HT)が順調に開花してきました。これからお天気が続きそうなのでその間に早く開花して欲しい気がします。
d0007820_2312512.jpg

 雨の中、ダブルディライト(HT)が鮮やかな色で頑張っていました。雨の日でも、赤の縁取りから中心部のクリーム色がなんともいえない鮮やかさを出しています。
d0007820_23182477.jpg

 一際花数で誇っていたのが、アイスバーグ。純白の花は正に白雪姫にふさわしい花です。
d0007820_23234856.jpg

 コスモスも満開です。明日は晴天の青空の下、満開コスモスが見頃かと思います。
d0007820_23263466.jpg


 ばらボランティアの皆様にお願いです。
 花殻摘み、花殻拾いがこれから忙しくなります。ばらまつり期間中は作業日以外でもご協力いただけましたら、よろしく願いします。センターにご連絡の上作業を行ってください。

 今後の指定作業日は、火、木、日と続きます。15日(日)は、新潟ばら会の講習会です。
[PR]
by bzm42421 | 2006-10-08 23:39 | 秋のばらまつり | Comments(2)