The Echigo Hillside Park Fragrance Rose Garden
Top
☆彡  ☆彡   ☆彡     今後の活動予定       ☆彡 ☆彡  ☆彡   ☆彡    ☆彡
カテゴリ:春の切り戻し( 17 )
モダンローズ今年のスタートをきりました!
 23日(日)から春の切り戻し作業に入りました。今年のモダンローズのスタートをきる大切な作業です。

 普通花を観賞する時は花を正面からか正面斜め方向から見るのが通常で、真後ろ方向から見ようとはしないと思います。今咲いているクリスマスローズとか下向きに咲く花はトータル的には美しいですが、花だけを見ようとするとやはり下からのぞきたくなります。香りをかぐ場合も当然正面からです。
 モダンローズは花首がしっかりしているためほとんど上方を向いて咲きますので見上げるより見下ろした方が美しく鑑賞できます。

 秋まで目線より下方で見ることができるように春の切り戻し作業を行います。
春の花は胸の高さ(約1m)で花を咲かせる。(秋は目線の高さ)
地面から30から40cmの間で良い芽(ふっくらした芽)を探し、5mm上で芽の伸びる方向に斜め45°に剪定します。
 それから伸びる枝60cm位の位置(下から約100cm)で春の花を咲かせます。
芽がない場合は節から出てくる芽を期待し節の上で剪定。
 また、40cmより上の芽を残して誘引により下げることも可能です。

【ビフォー】
d0007820_23114539.jpg

【アフター】
d0007820_23121223.jpg


 最初に一株4から5本の枝を残すようにして、細枝や古枝を根本から剪定してから誘引し、最後に切り戻しを行います。
枝数を少なくするのは、1本からまた数本の芽を出すため混み合って病気にならないよう風通しを良くするためです。
 枝を支柱に誘引して全体的なバランスをとることも重要。
d0007820_23101211.jpg

 この4,5本の枝をベースにして1年間の花を咲かせることになりますから大切な作業なんです。
[PR]
by bzm42421 | 2008-03-24 23:19 | 春の切り戻し | Comments(6)
新年度スタート
d0007820_2274925.jpg 春は別れと出会いの季節。 昨夜はボランティア主催の送別会が催され、お世話になった3名の方と楽しい一時を過ごしました。
 笑いあり・・・涙あり・・・。 みなさんどうもありがとうございました。
 どうぞお元気でご活躍下さい。

 今日は4月1日。 新年度のスタートです。
 山村センター長さんから新年度のご挨拶と明石海峡公園にご栄転になった中出業務課長さんからご挨拶をいただきました。
 今日は35名ほどの参加があり、春の切り戻しの見直しを行いました。
 春は胸の高さに咲かせるように剪定します。高すぎると秋の花が目線より高くなります。
 芽の位置向きや生育状態を1本1本見直して、再度鋏を入れていきます。
d0007820_22295872.jpg

    今日は大陸から黄砂が大量に飛んできてボォーッと霞んだ景色でした。
    北海道を除いて全国で観測されたようですが、汚染物質も付着させて運んで来ているかもしれないと思うと深呼吸なんてできません。
d0007820_22522275.jpg


 
[PR]
by bzm42421 | 2007-04-01 22:54 | 春の切り戻し | Comments(8)
春の作業一段落
 昨年「ばらボラ・ECHIGO」が発足し会員名簿ができ今年は連絡網を作って、今回初めて連絡網でお願いした緊急作業。  朝からの雨降りにもかかわらず、お陰様で20名近い参加があり、春の切り戻しが終わりました。 大変ありがとうございました。
d0007820_2133316.jpg

 今日9時42分石川県能登半島沖で震度6強の地震がありました。 丘陵公園へ行く途中の車の中で気がつきませんでしたが、長岡は震度4であの10.23中越大震災の悪夢がよみがえってきました。 

d0007820_22103125.jpg 中越地震で全村避難した旧山古志村住民が、全国からの支援への感謝を込め越後丘陵公園に記念碑が建立されました。

 記念碑は、支援への感謝と避難生活の記憶を形に残そうと、「帰ろう 山古志へ」で始まる復興へのメッセージと、復興応援歌でもある歌手小林幸子さんの「越後絶唱」の歌詞が刻まれています。

d0007820_22132730.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2007-03-25 22:21 | 春の切り戻し | Comments(2)
いよいよ春の切り戻し
 この作業は悩みます。
 6月の花を想像して悩むんです。
 悩むだけに、作業のしがいがあるんです。
 ここぞとねらって鋏を入れる快感がいいんです。

 【剪定のポイント】
 ・ 枝の整理・・・交差枝、古い枝の整理。
 ・ 膝の高さくらいの外芽で切り戻す。
 ・ 暖冬の影響で葉が開いた芽は使わない。ブラインドの可能性が大。(下の伸びていない芽まで下ろす)
d0007820_22301984.jpg

 今日は、イングリッシュガーデンのばらの切り戻しと、誘引したつるばらの枝の整理を行いました。一部殿堂のエリアも作業が入りました。
 25日(日)も春の切り戻し作業を行うことになりました。都合のつく方はよろしくです。
 年間作業の中で重要な作業ですので、特に初心者の方は大切な機会ですよ。

d0007820_22392391.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2007-03-21 22:52 | 春の切り戻し | Comments(2)
竣工間近
ボランティアハウスが竣工間近です!
外壁がダークグリーンに塗られ、外回りはあと入り口のドアを残すのみ。今日こっそり中をのぞいてきました。内装はまだ作業中でしたが、更衣室、鍵付きロッカー、壁側の収納付きベンチ、食器棚、天井にはドライフラワー用のレール・・・等、ボランティアの監修者uttiさんの細かい気遣いが現れていました。
16日(日)は作業終了後、12:15からささやかなオープニングセレモニーが開催されます。どんな内容かは当日のお楽しみ。ボランティアの皆さん是非参加をお待ちしてま~す。
建設していただいた公園事務所さん、ありがとうございました。これからもまたボランティア活動頑張らなくっちゃ(^-^)
d0007820_2332486.jpg

今日も寒い1日で、鼻水をすすりながらの作業でした。切り戻しは、一部を除いてほぼ終了。気温が上がって早く芽が伸びてきてほしいのですが、まだまだです。
元気のいいシュートが多く、中には混みすぎでシュートを切り落とさなければならないものも。もったいないですねほんとに。
写真は、ブラックティー(HT)。
ばらではあまりお目にかからない花色が気に入っています。花持ちが良く、色が変わってきても、はらはら散ることがなく、しっかりと付いています。
d0007820_23102730.jpg


     花の丘に70品種約17万本のチューリップが伸びてきました。クロッカスも咲き始めています。
     チューリップまつりが4月22日(土)から5月7日(日)まで開催。
     オランダ人の専門家がデザインしたチューリップの大花壇をお楽しみ下さい。
     チューリップをご覧いただいた後は、ころりん工房のピザがお勧めです。
     4月29日(祝)は入園無料日!
d0007820_2318791.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2006-04-09 23:18 | 春の切り戻し | Comments(6)
今年も期待してますよ
 CLの誘引が終わり、昨日からHT、FLの春の切り戻し作業が始まりました。ねらいを定めて剪定鋏を入れる瞬間がたまりません。6月の開花を想像しながらの剪定は、一番楽しい作業かもしれません・・・それなりに悩みますが。
d0007820_21403375.jpg

  ●春の切り戻しのポイント
   1.地面から30~40cmの外芽で切り戻す。
   2.細い枝、古枝は、生え際から切る。
   3.芽の上5mm位を芽の方向45℃で剪定。
   (切る位置が低すぎると、芽に養分がうまく行かない。高すぎると芽の上部が枯れてくる。ちょうどいい位置であれば、1本の枝のようになる。)

 太いシュートがたくさんあり、枝数が多く細めのものや混み合っているシュートを切り落とさなければならない株もあって、我が家のばらと比べたら、もったいない限りです。ほんとに良く成長してくれました。


 ボランティアハウスが完成間近。内部は見えませんでしたが、外壁が張られ塗装を待つばかりとなっています。4月16日にオープニングセレモニーが予定されています。楽しみですね。
d0007820_21565962.jpg

 今年の作業日のお天気がどうもいまいちスッキリしません。昨日も小雨の中の作業でした。午後から大降りになったので、それでも恵まれたのかと思いましたが、どうも昨年の秋以来、雨男のせいでしょうか変ですね~。


    公園内の雪もすっかり消えました。シンボルツリーの新緑が待ち遠しいです。
d0007820_22171192.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2006-04-03 22:22 | 春の切り戻し | Comments(7)
やっと、春の切り戻しと芽欠き
今日は大変暖かく、お昼頃には22℃まで気温が上がり、汗ばむ陽気になりました。
越後丘陵公園の雪もほとんど無くなり、今日はやっと切り戻しの作業です。
参加者は約20名。新潟ばら会さんの指導で、早速作業開始。まだ雪解け後で、芽が動いていないものもあり、芽欠きをできるのはほとんどありませんでした。

d0007820_2129089.jpg

d0007820_21311693.jpgイングリッシュガーデンの小屋の前で説明。











【作業のポイントで~す】
①地面から15cmまでの芽は全て欠く。
②4~5芽を残して外芽の5mm上で、芽と同じ向きに斜めにカット。
③内側に向いた芽は欠く。
③鉛筆の太さ以下の枝は切り落とす。
④古い枝で良いシュートが出ていない枝は、本から切る。


d0007820_21321358.jpg

d0007820_21383047.jpg


~オールドローズの枝の固定作業~
d0007820_21401972.jpg去年は、新苗で弱々しい感じでしたが、シュートがたくさん出ています。今年の花が楽しみ。
d0007820_21423719.jpg



~今のばら園の様子をご紹介~
d0007820_2144524.jpg

d0007820_21443557.jpg

d0007820_21444893.jpg

d0007820_2145166.jpgイングリッシュガーデン
d0007820_21462089.jpgまだ伸びた芽が大きいのでこれくらい。
d0007820_21482211.jpg


《ばらの花が無くてさみしいので、越後丘陵公園で今咲いている花をちょっとだけ》
d0007820_2152164.jpg「花と緑の館」の前の花壇は、ネモフィラが満開。
d0007820_21532195.jpg

d0007820_21535820.jpg
「花の丘」ではクロッカスが見頃。この花後はチューリップにバトンタッチ。

d0007820_21585077.jpgおまけです・・・
これは、我が家の「りん」。公園の残雪の中で雪を食べてはしゃいでました。


4月16日(土)~5月8日(日)チューリップまつりが開催されます。56品種、約17万本のチューリップが「花の丘」を中心にご覧いただけま~す。
詳細は http://www.hrr.mlit.go.jp/echigo/
[PR]
by bzm42421 | 2005-04-10 22:55 | 春の切り戻し | Comments(16)