The Echigo Hillside Park Fragrance Rose Garden
Top
☆彡  ☆彡   ☆彡     今後の活動予定       ☆彡 ☆彡  ☆彡   ☆彡    ☆彡
カテゴリ:予備剪定( 7 )
秋の分散剪定に向けた予備剪定
今年の新潟は豪雨もなくきれいに梅雨明けし夏らしい夏を迎えています。
今週末から梅雨明け後の猛暑も一休みし恵みの雨が降りましたが、これからまた暑い日が続きそうです。
明日から8月、暑い長岡祭りになりそう。

越後丘陵公園のばらも秋のばら祭に向け、摘雷、整枝、支柱立て、予備剪定作業を行っています。
これからは花を咲かせず蕾はすべて摘み取り、3段階で徐々に秋剪定の芽まで下げていきます。
丘陵公園では、一株一株を盃型に形を整えるため支柱を立てて誘引します。こだわりですね。

先週の日曜日の作業の様子です。
d0007820_2345131.jpg


ばらオンリーのエリアはしばらくお休みですが、ばらと草花のエリアはにぎやかになっています。
d0007820_23485126.jpg

d0007820_2349657.jpg

d0007820_23492385.jpg

d0007820_23494567.jpg



サマーナイトプレゼンツが8月7日(土)より開催します。
”光宙散歩”はいかがですか!
[PR]
by bzm42421 | 2010-08-01 00:14 | 予備剪定 | Comments(0)
予備剪定
長岡まつりが終わった8月4日に梅雨明け宣言がありましたが毎日スッキリしない空模様です。
もうじき秋風が吹く時期なのに…。

雨模様の高湿度のお天気続きで黒点病原菌にとってはこの上ない環境。
我が家の庭はこの一、二週間であっという間に黒点病が広がり一部丸坊主になったものがいます。

公園のばらは黒点が出始めてはいるもののまだ葉がふさふさと茂って、秋の開花に向けエネルギー充電中というところです。
しばらくHT、FLの花はお休みしてもらっていますが、粉粧楼、スヴェニールドマルメゾン、セシルブルンネなどは花盛りが続いています。
d0007820_2225292.jpg

d0007820_2232521.jpg

公園では8月19日から本格的に始まる秋の分散剪定に向けての予備剪定を行っています。
秋の花の芽を動かさないように、剪定のショックをできるだけ和らげるため、毎日上部から徐々に切り下げています。

ばらと草花のエリアの宿根草がだいぶ元気に茂ってきています。
真夏のかんかん照りが続いているより曇りで適度に雨が降っているのがいいのかもしれませんが、株が大きく茂ってくると蒸れが心配です。
d0007820_2216325.jpg

d0007820_22165937.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2009-08-09 22:21 | 予備剪定 | Comments(2)
秋ばらモードに移行
今年の夏はヘンな天気
梅雨明けしたはずの南の方も連日豪雨に見舞われ、北陸より北もなかなか梅雨明けしそうもないし
すごい竜巻は発生するし

なかなかビールのおいしい暑い夏がやってきそうもないのですが、公園のばらは秋ばらモードに移行しました。

いよいよ予備剪定です。
久々の新潟ばら会石川会長さんの指導日…難しい説明に熱が入っていました。
d0007820_22302152.jpg

何はともあれ、まず秋の花芽を見定めること。
だいたいこの枝のこの辺のこの芽…というふうに慣れてくるとわかるのですが最初は難しいかも。
その芽は8月下旬の秋剪定まではじっとおとなしくしていてもらいます。
d0007820_223959100.jpg

秋剪定で一気に切り落とすとショックが大きいので今頃から上部より徐々に整理していきます。
今咲いている花、もうじき開花する蕾以外は摘雷します。
8月はすべて咲かさないで摘雷。
ほうき状になっている上部の細かい枝を少し剪定して整理します。
あと、株の中心部の混み合っている細枝を抜いたり混み合った葉を落として風通しを良く。
d0007820_22453598.jpg

今年も8月13日から31日まで早朝作業で秋の分散剪定が始まります。
それまで徐々に切り落として整枝していきます。

会員の石坂さんから自家栽培のスイカとトマトの差し入れです。
肥料に工夫されていると言うお話しでしたがとてもおいしかったです。
これでお昼もお腹一杯になりました。
d0007820_22494866.jpgd0007820_2250249.jpg
秋の分散剪定のボランティアの活動は8月19日(水)から始まります。
早朝からの作業となりますがご協力よろしくお願いします。
詳細はセンターからお届けする予定表をご覧下さい。
d0007820_22574674.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2009-07-29 23:02 | 予備剪定 | Comments(2)
元気良すぎ!
 お盆も間近となり来週は全国的に夏休みモード。 真昼の猛暑も暦の上では残暑となり、朝夕は過ごしやすくなって何となく秋モードになってきました。 我が家のばらは黒点病が広がり始め、なかには病葉をむしり取ったら全く枝だけになってしまいそうなものも出てきました(汗)
 夜は秋の虫が鳴き始めました。コオロギ、スイッチョン…。このスイッチョンと鳴くウマオイがこれから秋ばらの新芽を食い荒らす大敵なんです。毎晩、懐中電灯を照らしながら捕獲していますが、昨日「カルホス」という殺虫剤を散布したら殺せることがわかりました。

 今日の作業は、つるばらの花殻摘み、病葉取りと風通しを良くするための枝の整理をしました。
 HT,FLはとても元気が良く、なかには予備剪定後にどんどん下方の芽を伸ばしてくるのがあって困らせているようです。 頂部で芽を遊ばせていればいいのですが下の方まで降りてくるのがいるのです。 秋の芽まではあと一週間ちょっと我慢していてほしいです。
d0007820_23122647.jpg

 イングリッシュガーデンのリニューアル工事もだんだん形が見えてきました。右側に伸びている道路らしきものは、ばら園のエントランスロードになります。 秋のばらまつりには全体の大まかな外観がイメージできそうです。来年の開園をお楽しみに!
d0007820_23195673.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2008-08-10 23:23 | 予備剪定 | Comments(4)
秋剪定を予備剪定によりショックを少なく
 今日は暑かったです。日焼けの肌が更に日焼けしました。

 作業もいよいよ秋のばらモードに入りました。
 今日から予備剪定ということで新潟ばら会の会長さんの指導日でした。 初心者にとってはなかなか鋏を入れるのに悩むところです。 最終的には8月下旬に秋芽の上で剪定するわけですが、そこに至る過程が大切なのです。

 【予備剪定とは】
 秋剪定で地面から1/2から2/3の高さで剪定を行いますが、一気に切り落とすと、今まで根から上げてきた栄養分とかのバランスが崩れ、秋の花芽を伸ばす生長に支障が出ます。 このため秋剪定の日までにその芽の上の枝を時間をかけて徐々に整理しながら切り詰めます。
 重要なポイントは、秋の花芽を秋剪定まで、絶対に動かさないようにすること。
 ということは、秋芽の上の芽をそれまで遊ばせておくと言うこと。


 【予備剪定の手順】
①秋の花芽を見定める。
②その秋芽の上の枝を整枝するというふうに考える。
③整枝は、頂部に芽が伸びてきている枝を1本か2本くらい残して後は落とす。
④頂部に芽がない枝は3枚or5枚葉の上で剪定し、その芽を伸ばして遊ばせる。
⑤整枝の後は、秋剪定までに徐々に高さを下げていく。


 このようにして、秋剪定まで秋の花芽を充実させていき剪定と同時に芽を伸ばすんです。
d0007820_22381335.jpg

 これからばら園の花は見られなくなりますが、オールドローズエリアのチャイナ系は結構花が咲き続けています。 そのうちの一つ、紫の燕が飛んで舞っている…「ズーイェンフェウー」。でもバラ百科によると、正式なチャイナ・ローズであるか定かでないらしい。
d0007820_22485165.jpg

 ご案内のとおり、秋の分散剪定の作業は8月19日から始まります。 早朝の作業になりますが、1日マックス262本の剪定を予定していますので、できるだけたくさんのご参加をお願いします。
d0007820_225669.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2008-07-27 23:05 | 予備剪定 | Comments(4)
成長期のばらにショックを与えないように予備剪定
 しばらくブログの更新ご無沙汰していました。何かと公私ともに忙しくて・・・(^^ゞ
 8月に入って毎日暑い日が続いていますが、ばらにとってはいいんでしょうかね。我が家のばらは藪のようになってきました。

d0007820_012166.jpg 先週の日曜日から、秋剪定に備えて予備剪定が始まりました。予備剪定とは、成長期のばらのショックを和らげるために、秋の剪定までに3回に分けて徐々に切り詰めていくもの。それと、細枝や懐枝を整理して風通しを良くします。
 秋のばらは、2段目のシュートの2/3位で剪定し、胸から目の高さで花を咲かせます。したがって、そこまで切り落とす前に3回くらいに分けて徐々に剪定し、ショックによるダメージを少なくします。それと秋の花芽を動かさないように、上の芽の方で遊ばせます。

d0007820_0201576.jpg これは、シュート処理をするときに、芽のすぐ上でピンチしたため曲がってしまったもの。ある程度芽の上を残してピンチをかけた方がいいようです。シュートがどの程度伸びたときに、どのくらいの位置でピンチをかけたらいいのか、今後のテーマかな。
d0007820_0261069.jpg
 今年は、ピエールがたくさん返り咲きしています。ちょうど花が無くなるこの時期に、咲いてくれてありがたいです。イングリッシュガーデンのローズガーデンは、秋剪定しませんのでこのまま花を楽しめます。
 17日から、いよいよ分散剪定作業に入ります。ボランティアの皆さん、お盆明けからまた頑張りましょう!


 先週の金曜日から、園内をきらめくイルミネーションで彩る「サマーナイトプレゼンツ」が開催されています。夏の夕涼みを楽しみながら、幻想的な空間に包まれてみませんか。
★開催期間
  8月11日(金)~20日(日)
★開園時間
  期間中は夜9時まで開園時間を延長します。午後5時以降の入園料が安くなるんです!        
   大人 280円(通常 400円)
   小人  50円(通常  80円)
              ※駐車料は通常通り
d0007820_0325816.jpg

[PR]
by bzm42421 | 2006-08-14 00:36 | 予備剪定 | Comments(5)
予備剪定
8月10日にパソコンが壊れてしまい、ayaさんからの投稿がUPできませんでした。すみません。
修理するより買った方が良いことになって、家庭財政が苦しい中やっと復活しました。早速一週間遅れでUPします。


こんにちは!
越後公園のayaです。8月7日の予備剪定の写真をお送りします。

予備剪定とは、

①本剪定でいきなり大量の枝を落とすことはばらに負担をかけることになるため、事前に少し細い枝やふところ枝を整理しておく。
②細かい枝が茂っていると本剪定がやりにくいので枝の整理をする。


ということで、写真の説明をします。

d0007820_2219913.jpg① 枝全体を見て

d0007820_22201076.jpg② 秋の芽を選び、

d0007820_22203936.jpg③ ほうき状になっていたりする細枝などを切ります。


d0007820_22211922.jpg 秋の芽をどこにするか頭に入れておくことで、上の枝をどの程度落とすか判断します。秋の芽の位置は大体おへそのあたり、または枝全体の1/2の高さを目安とします。その位置に良い芽が見つからない時はもっと下まで下げるか、伸びているほうきの中から芽を見つけないとなりません。
 そんなことを考えながら剪定をかけてます。(よくわかりませんね・・・) 実践あるのみ、です!

     それでは、また。


みなさんお盆はいかがお過ごしでしたか。お天気がいまいちでしたが、雨のおかげで我が家のばらがいっそうやぶのように生い茂ってきました。ほったらかしのせいもありますが・・・。
いよいよ、秋剪定が近づいてきました。28日は一生懸命汗かいて、おいしいビールを飲みましょう!!




秋のイベント日程
■ヒマワリ&コスモスまつり・・・・・平成17年9月23日(祝)~10月16日(日)
   今年は、ヒマワリとコスモスを同時開花
   コスモス27品種・約54万本、ヒマワリ12品種・約9,000株

■秋のばらまつり・・・・・平成17年10月8日(土)~11月6日(日)
   ばらガイドがご案内
   春とは一味違う深みのある美しいばらの競演
[PR]
by bzm42421 | 2005-08-17 22:10 | 予備剪定 | Comments(2)