The Echigo Hillside Park Fragrance Rose Garden
Top
☆彡  ☆彡   ☆彡     今後の活動予定       ☆彡 ☆彡  ☆彡   ☆彡    ☆彡
シュート処理と摘蕾
d0007820_13451494.jpg


d0007820_13463070.jpg 秋のばらに向けて準備が始まりました。
 今、公園のばら園は、1ヶ月前の華やかさが去って、ひっそりたたずんでいる感じ。でも、秋の開花に備えて、エネルギーをどんどんため込んでいます。
 昨日は、新潟ばら会会長さんによる、秋の開花に向けてのシュート処理等のかなりハイレベルな技術指導を受けました。ブログで文章表現できるかどうか難しいですが・・・。

 大事なポイントを言いますと、
 ① 秋の花芽を見定めること。

 秋の花は、だいたい目線くらいの高さで開花させる。では、どこの芽を伸ばせばよいか、ばらとよ~く相談しましょう。できれば、2段目のシュートの下から5~6枚目の外芽が理想。
 親指大で3~4本
 人差し指大で2本
 小指大で1本が目安。

 ② 秋の芽を決めたら、秋の剪定までは、絶対に!芽を動かさないようにする。

 芽を動かさないようにするにはどうするか。

 ③ 芽の上で、ばらをもてあそぶ!!時間をもてあそぶ!!(昨日のキーワード)

 以上がポイントです。後は、訓練を積んでもてあそぶ技を身につけるだけ。ばらを遊ばせる方法は、書くと長くなるので省略します。
 それと、今頃になったら、ピンチの位置などあまり気にしないで、とにかく蕾にピンチをかける。
d0007820_13485612.jpgd0007820_13491851.jpg
 秋の剪定は、お盆過ぎの作業ですが、予備剪定、分散剪定(1/3,1/3,1/3)と、また難しい作業があります。分散剪定を行うと、5日から1週間の間隔で開花し、秋の冷涼な気候と相まって、長い期間美しい花が楽しめるとのご指導。
 でも私は、一昨年から実行してますが、実感していませ~ん。いつも、馬追バッタの大被害で、分散剪定後も剪定されてます。

d0007820_13515047.jpg 午後は、ばらガイドの反省と、これから、ばらボランティアはどうあるべきか、越後丘陵公園のばら園の運営方法について意見を出し合い、今後のばら園の夢を語り合いました。
 ばらボランティアの皆さん頑張りましょうネ!

d0007820_1346042.jpg
 追伸・・・今年の秋から植え付けが始まる、「国際香りのばら新品種コンクール」の試作場の状況を写真で紹介するブログを立ち上げようと思っています。ご期待を!
[PR]
by bzm42421 | 2005-07-11 13:57 | シュート処理 | Comments(2)
Commented by soukei at 2005-07-11 16:01 x
ばらボランティアのみなさんのばらへの思いと夢がたくさん詰まったばら園に成長していくのですね。ますます秋にお邪魔するのが楽しみになりました。シュート処理等の記事に関してはチンプンカンプンなのでごめんなさいです。コンクールの試作場のブログも楽しみにしております。越後丘陵公園のばら園も国際的!になるのですね。
Commented by bzm42421 at 2005-07-11 23:43
 宗恵さん、こんばんは。越後丘陵公園のばら園は、香りのばら園として世界に向けて情報発信しようとしています。花の色、形はもちろんのこと、コンセプトは香りです。
 それから、秋のばらは最高です!!ばら園で野点、も最高ですよ。
<< シュート処理、摘蕾、支柱立て ちょっと待ってよシュートさん >>